無利息期間サービスについて

お金を借りるとき、借りる立場からすれば、借りたお金以外の余計なお金は支払いたくないものです。

しかし、お金を貸すことを生業としている立場からすれば、貸したお金以外のお金が手に入らなければ商売になりません。

そこで、貸金業者で収益のひとつとしているのが、利息です。
利息を決定しているのは金利というものです。
例えば、年間金利が18パーセントで100000円を1年間借りたという場合、1年間に発生する利息は18000円となります。

もっとも実際には、1年間お金を一切返済しないということはありえませんので、これよりは少なくなりますが。
この利息が、貸金業者にとっては非常に重要な収入源となるのです。


しかし最近、消費者金融の中でこの利息を取らないという業者が増えてきました。 これはどういうことなのでしょうか。

これにはいくつかパターンがあります。
まずは、新規契約に限り30日間無利息という場合です。
このパターンは、最近では多くの消費者金融で実施されているものです。
消費者金融によって細かい適用条件は異なりますが、概ね共通しているのは「新規契約」ということ。

しかも、初めての契約でなければいけないので、1度でもその消費者金融を利用していると対象外となります。
このように無利息キャンペーンを行うことで、利用者に対するハードルというのをより低くするという効果があるのです。

しかし、ここで疑問が生じてきます。
まずは30日間のタイミングです。
果たしていつから30日間なのでしょうか。
これに関しては、消費者金融各社の見解はほぼ共通しております。
それは、「新規契約をした翌日から30日間」というものです。

ここで気をつけないといけないのは、「実際にキャッシングをしてから30日間」ではないということです。
例えば、新規契約の5日後にキャッシングをしたという場合、無利息期間は30日から5日分をひいた5日分となりますので、注意してください。

そして他の疑問として、30日で返済をしなければならないのかということです。
もちろん、頑張って30日間で返済をしても構いません。
そうすれば、完全に無利息でお金を借りることができたということになります。

ただし、無理をして短期間に返済をすると、その後の生活に影響が出ます。
30日を越えて返済をしても構いませんが、無利息期間が終了した時点で、通常の利息が発生することになります。
ただし、無利息期間中の返済は、全て元金に充当されますので、その分利息の金額も少なくはなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今月のPICK UP

■ 新生銀行カードローンレイク
最短即日融資が可能。主婦・パート・アルバイトの方でも安定した収入があれば申込み可能です

アコム
審査スピードが早くてお勧めなのはこの会社!!対応も親切です。