2社目借りたい(消費者金融は何社まで借りれるか)

【注目!!】こんな記事も読まれています↓↓

プロミスで即日!当日借りるならこれを読んで!

消費者金融で2社目を借りる場合にはここに注意

12456666

2010年に「貸金業法(お金を借りることについての法律)」が完全施行され大幅に変更されました。

そこで大きく変わったのが総量規制というもので、お金を借りる場合に貸金業者から年収の3分の1までしか借りることができないというルールに改正されました。

なぜそのような規制ができたかというと、消費者金融が流行って多くの人が気軽に借りるようになったため、返せないほどのお金をどんどん借りて多重債務陥り、それが原因で生活が破たんし最悪は自殺をする人が増えてしまったためです。

総量規制によって、例えば年収300万円のサラリーマンが消費者金融1社目で100万円借りていたとしますよね。

すでに年収の3分の1を借入してしまっているわけですから、他の消費者金融であったとしてもそれ以上は借り入れすることができないというわけです。消費者金融側が貸し出すことも規制されています。

消費者金融2社目でお金を借り入れることをお考えなら年収の3分の1を超えていないか注意してください。

2社目で申し込みを断られると、申込みができなかった事実が個人信用情報に記載されてしまいますのでこの先お金を借りる際に大変、不利になるのです。

また貸金業者というのは、消費者金融、信販会社、クレジット会社(キャッシング枠)の業者を言いますので、この3つの業者が総量規制の対象となりますので、銀行は総量規制の対象外となります。

消費者金融は何社までが借りられる範囲か?

SONY DSC

SONY DSC

消費者金融で借入している方は何社ぐらいからお金を借りているのでしょうか。

2017年の統計を調べてみると2社~3社という方が多いようです。もちろん総量規制に引っ掛からないように契約をしています。

例えば年収が240万円の方でしたら、消費者金融A社で30万円、B社で30万円、C社で20万円の借り入れとなりますので3社までが限度なのでしょう。※実際消費社金融を利用する方の平均年収が300万円以下の場合が多いので。

1社だけで借入をしていて、返済などもきちんと行っているのであればわざわざ2社目の消費者金融と契約するよりも1社目で借り入れ限度額を増額してもらったほうが無難です。何社からも借り入れをしているより1社だけのほうが個人信用情報にも傷がつかなくてすみますからね。今後の信用にもかかわってくると思います。

意外と知られていませんが、きちんと返済を行っている場合、返済日よりももっと前に入金しているような場合、毎月の最低返済額よりも多めに入金しているような場合には、消費者金融側から限度額の増額の打診がある場合があります。限度額が20万円から50万円にアップしたり、50万円から80万円にアップしたりすることも可能なんです。

消費者金融から優良な顧客として判断されればどんどん増額することも可能なんですね(総量規制内で)。

もし一度増額の打診を断ったとしても借りる側から増額のお願いをすることもできますのでカスタマーセンターに連絡してみてください。

このような優良な顧客でなくてもきちんと返済が行われていれば増枠額が少なめ(10万円程度)であったとしても増額してもらえることもありますのでお願いしてみましょう。

2社目の消費者金融に申込みを断られ「通称申込みブラック」となると、約3ヵ月間はどこの消費者金融に申し込んでも審査には通りませんので注意してください。まずはきちんと返済日に入金することが大切ですよ。

4社、5社の消費者金融から借りていると噂で聞くが?

12970805

2010年に貸金業法が大幅に変更されたことにより、貸金業者から借り入れできる額が年収の3分の1にまで制限されたため、高額な借り入れというのは非常に少なくなっています。

貸金業法改正以前は大手の消費者金融なども4社、5社と平気で借り入れすることができたので借り入れの総額が300万円オーバーなんていう人もゴロゴロ存在しました。

当時は消費者金融側でも個人信用情報の確認はするものの総量規制の法律もなかったため社内規定で「貸してしまえ!!」という風潮が非常に強かったのですね。

実際、前日に他の消費者金融で50万円借りて、翌日また他の消費者金融で50万円借りて、さらにその翌日に別の消費者金融で50万円借り入れるなんてこともできたんです。現在では絶対にありえない話ですがね。
では現在、4社5社の消費者金融から借り入れるというのは無理な話なのでしょうか。

まったく過去の話というわけではないようで、町の捨て看板で広告しているような○○ローンという中小規模の金融会社から借りることは可能なようです。

これらの中小規模の消費者金融は総量規制を無視して貸し出ししているので、大手の消費者金融でもう借りることができないような人を狙ってお金を貸し出しているんですよね。

人の弱みにつけこんで高利息でお金を貸し出しているので注意が必要です。

また、総量規制の例外となる借り入れもあるんです。例えば緊急の医療費の貸付、複数のローンをまとめて負担を軽減するための借り換え、配偶者とあわせた年収の3分の1の貸付などですね。これらは年収の3分の1以上の借り入れであっても可能ですのでもし該当する場合は確認してみて下さい。

2社目借りたい(消費者金融は何社まで借りれるか)-視覚障害者用の音声解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今月のPICK UP

■ 新生銀行カードローンレイク
最短即日融資が可能。主婦・パート・アルバイトの方でも安定した収入があれば申込み可能です

アコム
審査スピードが早くてお勧めなのはこの会社!!対応も親切です。