消費者金融の一括同時申し込みは絶対にNG

【注目!!】こんな記事も読まれています。

プロミス即日融資パーフェクトガイドはこちら

消費者金融は各社「個人信用情報センター」の現在と過去の個人の金融データをすべて見れる

そもそも「個人信用情報センター」という組織をご存じですか?

端的に言うと個人信用情報を管理している組織ということになりますが、では個人信用情報とはどのような情報なのでしょうか。

個人信用情報とはあなたの金融に関する情報のことで、分かりやすくいうと金融に関するプロフィールのようなものです。そしてこの個人信用情報には大きく分けて4つの情報が含まれています。

①個人を特定する情報…氏名、生年月日、性別、住所、など

②金融会社との契約についての情報…消費者金融との契約の種類、契約日、契約金額など

③消費者金融への返済についての情報…借り入れ残高、入金予定日、入金日、延滞についてなど

④債務整理、破産、債券譲渡、などの取引に関する情報

これらがいわゆる個人信用情報というもので、この個人信用情報は消費者金融で共有されているというわけです。

この個人信用情報というものがないと、いったいどうなってしまうと思いますか?

当然お金を借りすぎてしまう人が増えてしまいます。返せる予定の無いお金をどんどん借りて、返せないからまた他の消費者金融で借金をするという状況になり、最後には自己破産をするしかなくなってしまうのです。

そういう人ばかりになってしまうと、消費者金融業自体がなりたたなくなってしまうのです。そうならなないために消費者金融各社で情報を共有しているのですね。

この個人信用情報はあなた自身でも確認することができますので、今、自分の情報がどのように登録されているのか確認するといいかもしれません。

もしあなたが今まで借りたことのない金融会社に申込みに行ったとしてもあなたがどこのだれで、他の金融会社にも申込みにいっているのかや今どれくらいの借り入れがあるのかということがすべて分かっています。

消費者金融の審査に落ちるかもと心配して、一度に多くの消費者金融に申し込んだ場合、その申込みの情報もすべて知られていますので、そんなにたくさんの消費者金融に申込みをしているということは相当お金に困っている状態で、この先本当に返済をしてもらえるか分らないと判断されてしまうのです。

審査に落ちるとまずいと本人が自覚するほど他の消費者金融に手を出しているような場合には、返済不能や踏み倒しの危険性を感じて審査は却下される場合が多いです。

一括での消費者金融への申込みは何社までOKか?

今すぐにお金を借りたいからと、一度に多くの消費者金融と契約しようとする方がいらっしゃいますが、これは大変危険なのでやめて下さい。

1社だけではなく他の消費者金融にも申込みをしているという事実は個人信用情報に履歴として(基本リアルタイムで)記載されていますのですぐにすべての消費者金融にばれてしまいます。

一括で消費者金融い申込みをする人というのは、かなりお金に困っているし焦っている状態と言えますよね。

さらに、”多くの消費者金融で多額の借り入れをしようと考えているか、返済する見込みがないから他の消費者金融で借入をして返済に回そうとしてる”と考えられます。

消費者金融はボランティアではありませんので、そのような危険な人物にはお金を貸してくれません。当然審査には通らないのです。

一括で消費者金融に申込みをしたという事実は個人信用情報に登録されてしまい、その履歴が消えるまでには3ヵ月もかかります。

その3ヵ月の間、どこの消費者金融とも契約できず、借り入れができないという取り返しのつかない状況に陥ってしまいます。その間にあなたの生活が破綻してしまうかもしれませんね。

そうならないために消費者金融に申込みをする際は自分に合う1社だけを選んで申込みをして下さい。さらに一括申込みのような履歴は3ヵ月で消えますが、事故情報となるとそうはいきません。どこかで個人情報に傷がつくという言葉を耳にしたことがあるでしょう。

これは、個人信用情報に事故情報として記載されてしまうことなんです。

事故情報とはつまり「ブラックリスト」というもので、自己破産したり借金の踏み倒し、返済を長く延滞した場合に個人信用情報に「事故情報」として一定の期間記載されてしまうのです。

事故情報がある場合には最低でも5年間消費者金融との契約ができません。

個人信用情報を管理する組織は、JICC(クレジットカード会社、信販会社、消費者金融を中心に加盟)、CIC(貸金業者中心に加盟)、KSC全国銀行個人信用情報センター(銀行、信用金庫、農協、信用組合などが加盟)の3つがあるのですが、基本的にこの3組織で情報を交換するということはありません。※(消費者金融側が審査の際にそれぞれをチェックするということ)

JICC→日本信用情報機構(指定信用情報機関)公式サイト

CIC→割賦販売法、貸金業法指定信用情報機関 公式サイト

KSC→一般社団法人全国銀行協会(個人信用情報センター)公式サイト

しかし事故情報に関してだけは共有することになっていますので注意が必要です。

自分がブラックリストに載っているかどうかもこれらの個人信用情報を扱う組織で確認することができます。その組織によってネットで申し込んだり、または窓口まで直接行く場合、郵送で申し込める場合などさまざまですので、ご自分の個人信用情報を確認してみてはいかがでしょうか。

消費者金融の一括同時申し込みは絶対にNG-視覚障害者用の音声解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今月のPICK UP

■ 新生銀行カードローンレイク
最短即日融資が可能。主婦・パート・アルバイトの方でも安定した収入があれば申込み可能です

アコム
審査スピードが早くてお勧めなのはこの会社!!対応も親切です。